>
 >
 >
2011年05月のアーカイブ
治療体験者

伊藤 允子さん

伊藤 允子さん

32歳 女性

治療担当医

文野 弘信

DIO 文野矯正歯科

院長 文野 弘信

2011年05月のアーカイブ

2011/05/25

イヤな予感、的中

イヤな予感、的中

イヤな予感、的中

今回は急遽、土曜に予約を入れていたのを、電話して前倒しにしてもらいました。そんな急な予定変更にも、快く対応してくださって大変感謝です!

着いてからすぐ、いつもの歯のクリーニングをしてもらい、その後、今までになかった初めてのクリーニングをしてもらいました! それは、少し塩辛い水を歯の表面に強く吹き付けるという感じでした。聞くところによると、細かい塩を含んだ水だそうで、その粒子が歯の表面の汚れを取り、歯を白くするんだそうです。なるほど、喫煙者である私にとっては何とも魅力的なクリーニング!!(笑) ついでに、歯が白くなるというちょっとお高い歯磨き粉も購入してきました。

クリーニングの後は、文野先生の治療です。今回の大きな変化は、下の歯のワイヤーが2本になったことでしょうか。2本目のワイヤーは大きく前方に膨らんでいます。先生のお話によると、この膨らみに沿って下の歯のラインを動かすということです。んー違和感が(笑)。ちょうど皮膚の内側にワイヤーがめり込んでいる状態です。それと同時に下の奥歯に青いゴムを再挿入...。

「今回は結構大変な措置なんですよ」。

イヤな予感(笑)......。

次の日、ついに鎮静剤を飲みました(汗)。会社が休みだったので、歯の痛みをずっと気にしていたせいか、我慢できませんでした。痛みは数日間続いて食事が満足にとれませんでしたが、薬を飲んだのは1日だけです! そして、痛みが引いた頃に、膨らんでいるワイヤーに沿って、左右に口内炎ができてしまいました......(涙)。

現在は約2週間が経ち、ようやく痛みもなくなり、口内炎も治りまして、
無事、平穏に過ごすことができています(笑)。

文野 弘信

担当医からのコメント

ミネラルたっぷりの塩の粒子を高圧な水と共に、汚れたヤニ(笑)たっぷりの歯の表面に当てて、“ピカピカ”にしました! 業界用語で“エアーフロー”と言います。
当院ではドイツ製の“カボ”変な名前ですが車で言えば“ベンツ、BMW”といった品物です。患者さんのために思い切って開設当初より奮発してしまいました!!
良い品ははやり“高額かつドイツ製”が多いですね。

さて、肝心の矯正治療は3rdステージに突入しました!! かれこれ一年経ちましたが、今回は、下前歯が奥歯に比べて上方に伸びているのを治すワイヤーをセットしました。これから下前歯が、みるみるうちに奥歯と共に並んで(高さが均一)になってきますので乞うご期待!!
確かに今回は少し辛いと思いますが、よく乗り越えてくれました。感謝です。
次回はなぜ、下の前歯の垂直的改善(圧下)をしなければならないかを解説いたします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。