>
 >
 >
2010年09月のアーカイブ
治療体験者

伊藤 允子さん

伊藤 允子さん

32歳 女性

治療担当医

文野 弘信

DIO 文野矯正歯科

院長 文野 弘信

2010年09月のアーカイブ

2010/09/04

遂にジルコニア装着!

遂にジルコニア装着!

遂にジルコニア装着!

最近では月一のペースで「文野矯正歯科」に通っています。人見知りな私もなんだかやっと慣れてきた頃です。

今回もいつものように診察台に寝ていると「伊藤さんこんにちわー。今日はとうとう前に装置が入りますよ」との声が...。

「えええぇぇ!?」と心の中で叫ぶ私。

いや、いいんです。近いうちにその日が来るのはわかっていたんですから。でもそれがまさか今日とは... 心の準備ができてなく、オロオロしつつもここは決心! と思っているうちに始まっちゃいました(笑)!

私の歯の色に合わせて選んでもらった、小さな白いジルコニアの矯正装置を一つ一つていねいに歯につけて、そこにワイヤーを通し、また一つ一つふたをして留める。というのが大体の流れでした。装着する前の漠然としたイメージだと、この装置ってまるっとした1つの装置だと思っていましたが、全然違うんですよね。よくよく考えると当たり前なんですが。

今回は上の歯のみの装着でしたが、装着されている間も痛みもなく快適でした!
しかし、装着後は少し違和感がありました。装置の厚さ分上くちびるが盛り上がっている感覚があるので、見た目がどうなのか心配になりました。まさかチンパンジー的な...!?

家に帰ってさっそく鏡で確認してみましたが、ジルコニアの装置は思ったほど目立たなく、くちびるのふくらみも全然気にする程じゃないので安心しました!
普段の仕事や生活には全く問題なさそうです♪

文野 弘信

担当医からのコメント

いよいよ“初ブレース”装着の日がやってきましたね!! 至上最高にデラックスなジルコニア素材で出来た“ジルコニアブレース”での矯正装置の装着をいたしました。

素材となっている高純度ジルコニアとは、人口ダイヤモンドにも使われる非常に高価なもので、特徴としては金属と同じくらいの硬さを持つため、耐久性に優れ長期間の矯正治療でもきれいなままであるということ、そして何よりの利点は表面がすべすべなのでお口の中の細菌が付着しにくく繁殖もしにくいということです。つまり他の材質に比べお口の中が清潔に保たれます。

“身体に優しく”“宝石のように美しく”“歯に近い強度をもつ”
この贅沢なジルコニアブレースと仲良くしてくださいね!!
役目が終わるまでの数年間はずっと歯の表面に付いて参りますので。

ちなみに装着したワイヤーは、光の反射率が高く明るくみえる“ゴールド色”なので、装着することにより見栄えが明るくなり、全体として矯正装置が目立たなくなります。素材は“NASA”の技術が用いられた“形状記憶合金”です。
この細く弱い力を与えるワイヤーとジルコニアブレースによる矯正治療を体験されたら、他の一般的な矯正ブレースとワイヤーによる治療は辛くて耐えられません!! 友達にはどんどん自慢しましょう(笑)!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。