>
 >
 >
2010年08月のアーカイブ
治療体験者

伊藤 允子さん

伊藤 允子さん

32歳 女性

治療担当医

文野 弘信

DIO 文野矯正歯科

院長 文野 弘信

2010年08月のアーカイブ

2010/08/07

心変わり

心変わり

上下の裏側に金属装置がそろってから、約1ヵ月。今月も文野矯正歯科へ行ってきました!
今日はどんなことするのかなぁーなんて考えながら銀座まで1時間、結果10分位の治療で終わってしまいました(笑)! 今回は、金属装置をグイッと締めて終わりです。次回はまた1ヵ月後。
これも2年の治療期間のうちのきっと大事な時間なんですね♪ でもなんだか淋しい気分(笑)。

さて、2月の初診から約半年が過ぎました。最近は、文野矯正歯科へ行くと褒めてもらえます! 
「歯磨きがんばってますねー」「上手に磨けてますねー」「努力が見てわかりますよー」などです。確かに自分でも驚くほど頑張ってるんですよ(笑)。昔は歯磨きに対して興味もなく、ただ毎日のルーティーンワークとして義務的にやっていただけなんです。虫歯ができていても「別に痛くなければいいや」くらいの感じで完全放置です。
それが今は、朝と夜はソファに座りテレビを見ながら10~15分くらいシャカシャカ磨いてるんです!! 歯の裏表、隙間、装置の間など、自分の歯を頭に描きながらやっています。磨き残しの箇所があったりするとイヤなので。 あー何でしょう、この変わりよう(笑)!

先日実家に帰ったときも、同様にシャカシャカやっていたら、母親が驚きながら「最初からそうやって磨いていればよかったのよ」って。確かに、母親はキレイな歯並びで虫歯がないうえに、毎晩、私の目の前でシャカシャカしていました。丁寧に、何年も前からフロスも使っておりました。 ......お手本がこんな目の前に居たとは!!

文野 弘信

担当医からのコメント

今回の伊藤さんのお口の中は、本当に見違えるほどキレイに管理されているのがよく解ります。 衛生状態が良い上に、上下の裏側にセットした拡大装置も変形することなく日常を過ごされている場合には、チェアータイム(診療時間)はそんなに必要ないものなのです。今までは徹底的に歯のクリーニングをしたり、歯茎の腫れを治療するために歯周ケアにかなりの診療時間(時には1時間オーバー)を使ってきた成果が出てきました。嬉しい限りです。

本日は裏側の拡大装置を再調整しました。少し力をかけておきましたので数日間は違和感が生じるかもしれません!! そして次回は遂に上の歯に最強の“ジルコニアブラケット”を装着する予定です!!
お楽しみに!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。