>
 >
 >
2010年06月のアーカイブ
治療体験者

伊藤 允子さん

伊藤 允子さん

32歳 女性

治療担当医

文野 弘信

DIO 文野矯正歯科

院長 文野 弘信

2010年06月のアーカイブ

2010/06/04

我慢の限界!?

我慢の限界!?

上の内側に装置が入って約2週間。ほぼ何の問題もなく快適です! そして今日も文野先生のところへ行ってきました。
今日は下の装置を作るための型取りと計測(?)でした。上の歯同様、奥から2番目の歯の周りに金属を被せるため、自分の歯に合う大きさの金属を何度か試されるんです。

まず右下。上の歯もそうだったんですが、金属が被さってくる特有の「ギギギ」とか「グググッ」という、ちょっとイヤな感覚でした。ただ、特に痛いわけではないので気分的には余裕です。

次に左下。「い、痛い痛い痛いーーー(涙)」というのが心の声です(笑)。先生に金属をグッグッグッって押されるんですが、そのたびにナイフで歯ぐきを刺されているような感じがしました。途中まで我慢したんですが、さすがに我慢できなくなり初めて手をあげましたね。「どうしました?」と聞かれたので正直に「痛いです......」と答えると「わかってます」とニコっと笑顔で言われてしまいました(笑)。「歯が内側に倒れているので金属が入りずらいんですねー」と。その、先生のS的(と言っていいのかしら?笑)な言い方に、思わず笑ってしまいました。もちろん、そのあとは優しく手短にやってもらったので大丈夫でした。

次回はその装置が装着されるみたいです!

文野 弘信

担当医からのコメント

そうですよねー、伊藤さんの場合は特別難しいケースで、極端に奥歯が内側に倒れているので装置をセットするのが大変だったのです。上顎の装置準備の際も同様の事を行ったのですが・・・・・下顎との違いはこの“倒れ具合”に問題があったのです。
これをするためにも厳しい“歯磨き”訓練と歯肉炎の治療そして奇麗な口腔衛生状態を常に維持してもらう!! この努力がなければ更なる苦痛が待っていたのです。
本当によく頑張ってくれました!! これで次回には下顎の拡大装置を装着できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。