>
 >
 >
2010年05月のアーカイブ
治療体験者

伊藤 允子さん

伊藤 允子さん

32歳 女性

治療担当医

文野 弘信

DIO 文野矯正歯科

院長 文野 弘信

2010年05月のアーカイブ

2010/05/21

装置が入りました!

装置が入りました!

装置が入りました!

上の歯の後ろ側に金属の装置が装着されました!

今後、前後ともいろんな装置が入るみたいですが、まずは第一歩です。この装置で歯列を広げてから歯並びを良くしていくそうです!

装置を着けてからは、ちょっとだけ喋りにくいです。とくに「さ行」かな。「しゃ・しぃ・しゅ・しぇ・しょ」って感じです(笑)。でも思ったほど不便ではないので大丈夫です。

それより驚いたというか、矯正の技術に感動したのが、口の中での装置が邪魔ではないということ。確かに異物が入っているので、ちょっとした違和感はあるのですが、装着部分の歯以外どこにも接触がなく、まったく気持ち悪さはありません!

先生の技術はすごいなぁ~と素人ながらに感心してしまいました(笑)。
普通に飲めるし、食事にも影響もありません♪

装置を着けてからというもの、ちょっとした意識改革がありました。それは、「食事をしたら歯を磨きたくなる」ということ。装置に食べ物が付いていたりすると気持ち悪いし、また虫歯になるのもイヤですし。状況によっては歯を磨けなかったりもしますが、せめて必ずうがいだけでもするようになりました!

文野 弘信

担当医からのコメント

本日、上顎の裏側にQ.H.(クワッドへリックス拡大装置)が装着されました。第一大臼歯を軸に上の歯列を広げてスペースを作り、凸凹歯を直していきます。2-3日は発音や硬い食べ物は辛いと思いますがすぐに慣れると思います。

大切なのは装置に付着した汚れを歯磨きでキレイにすること!!
日々の口腔衛生をよろしくお願いしますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/05/11

サボっていたわけではありません!

サボっていたわけではありません!

前回から1ヵ月以上の日にちが経ってしまいました! というのも、その間、矯正に必要な治療のために、他の歯医者さんに通っていたからです!! ボロボロだったいらない歯を2本抜き、いずれは抜かなればならない親知らずを抜き、ついでに何本もあった虫歯を治療してもらいました!

歯の状態が悪すぎたので、毎回痛かった......(涙)。


そういう訳で、1ヵ月ぶりに矯正へと復活したのです。

今日は歯の裏側に装置を装着してもらう予定でしたが、実はずいぶん前に青いゴムが取れてしまい、隙間が狭すぎたので次回となりました。再度ゴムを入れてもらい、今回は下の歯にもゴムが入りました。どんどん進んでいきますね!

でもこれからどんな工程があって、どんな装置を入れていくのか、そして本当にキレイな歯並びになるのか(2年って思っていたより短い期間だと気付きました!)、期待と不安が入り混じります!

さて今回は、舌のお手入れの仕方を学びました。消毒液と舌専用のブラシを使ってこれから口の中を清潔にしていきたいと思います。消毒液はまずいし、ブラシの感覚は苦手ですが、キレイになるのは嬉しいので、矯正が終わったとしても続けていこうと思っています!

文野 弘信

担当医からのコメント

ダメージの大きい上の奥歯を左右2本抜いて、まだ骨の中で眠っている第3大臼歯(親知らず)を萌出させていきます。こんなスバらしい事はありません。本来は抜歯予定の親知らずを使用する!! 神経も無く銀歯に治療された奥歯の代わりにピカピカの親知らずを使用していきますので乞うご期待です。

抜歯は気分的には良くない治療です。少しでも楽に治療してもらうために口腔外科専門医へ紹介しました。上手に抜歯できており安心しました。

さて、次回までに更なる口腔ケアーと舌のお手入れを宜しくお願いします!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。