>
 >
 >
2010年02月のアーカイブ
治療体験者

伊藤 允子さん

伊藤 允子さん

32歳 女性

治療担当医

文野 弘信

DIO 文野矯正歯科

院長 文野 弘信

2010年02月のアーカイブ

2010/02/16

2回目は徹底的なクリーニングでした

2回目は徹底的なクリーニングでした

2回目は徹底的なクリーニングでした

2回目は徹底的なクリーニングでした

初診から1週間が経ちました。
今日は詳細な歯の検査と、クリーニングを行うとのことです。

まず、詳細な検査とは......。

歯の一つひとつを、ミリ単位でものさしで測っていました!

素人の私には、それが今後どんな形で反映されていくのかはよくわかりませんでしたが、細か~いその作業を一生懸命してくれる先生に、なんだか感謝!
地味で痛くない作業であったため、リラックスしてしまいちょっとうたた寝をしてしまいました......。笑

そして、クリーニング。全部で何工程あったのでしょう? 以前、別の歯医者さんでクリーニングしてもらったことがあり、そのときは何をしているのかわかりませんでしたが、今回は1工程ずつ、わかりやすく説明してもらえました!

「これから機械を使って歯石を取りますよ。歯石というのはですね、歯垢が石灰化されたもので......」とか、「次は残った歯石を手作業で取りますよ。」、「次は粗く研磨します、そのあとに、細かく研磨しますよ。」、「最後にデンタルフロスで歯の間をキレイにしますよ。」と、とても長い時間をかけて丁寧にクリーニングしていただきました。

あ、それと虫歯のチェック。今の時代、1本1本機械をあてると、その歯が何パーセント虫歯なのかっていうのがわかるんですね!!! 衝撃です。
ほとんどが虫歯で、また何本か「99%」という結果が出てしまいました......。涙

次回は検査結果が出るようです!具体的なお話が聞けそうで楽しみです。

文野 弘信

担当医からのコメント

伊藤さんはこれまでの口腔内メンテナンスが決して良いほうでなく、治療前後に念入りな清掃と虫歯の処置が必要になると思います。特に歯科矯正の装置が口の中に入るとこれまで以上に念入りなブラッシングが必要になってきます。これから、自分がきれいになったことを想像し頑張って治療を達成しましょう。精密検査は具体的には全体の歯型を上下と普段噛んでいる位置と本来、噛まなければならない位置とのズレを測定したり、唇の形や歯ぐきの見える量や歯の出っ張りを具体的に数値測定します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/02/09

人生初の矯正歯科に行ってきました!!

人生初の矯正歯科に行ってきました!!

人生初の矯正歯科に行ってきました!!

人生初の矯正歯科に行ってきました!!

今日、初めて文野矯正歯科を訪れました。

場所は銀座。
アルマーニ / 銀座タワーの目の前(!)にあり、オフィスもキレイで清潔感があって、前日までの不安は消え去りました!

問診票を記入したのち、文野先生から歯科矯正について詳しく説明を受け、レントゲン写真を撮りました。
私は何年も歯医者に行っていなくて知らなかったのですが、レントゲン写真ってすぐにPCで確認できるんですね!驚きました!さらに驚いたのが......、レントゲンで見ると私「出っ歯」だったんです(笑)。32年間気づきませんでした......(汗)。

また、前歯の神経がなく色が黒いことは知っていたんですが、そのほかにも「親知らず」が不自然な形でひっかかっていたり、びっくりするほど虫歯だらけだったり......(涙)。

文野先生には、今まで隠していた自分の醜い部分を明らかにされ、説明されているときは、かなり恥ずかしい気分でしたが、これからそれがキレイになっていくことを考えるとワクワクします♪

次回が楽しみです!

文野 弘信

担当医からのコメント

今日は大変お疲れ様でした。本来は初診の際にはカウンセリングと簡単な一般検査を行うのみですが、出版関係のお仕事でお忙しい伊藤さんのリクエストに応じて精密検査の一部まで行いました。なかなか皆さんご自分のお口の中は知っていそうで知らないものです。まして頭部や顎関節部のレントゲン検査は普通の歯医者さんではとらないような角度から撮影したりするので、自分の頭蓋骨を見る機会も普通はないと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。