>
 >
歯列矯正ってやっぱり痛いの?

京子のつぶやきコラム

歯列矯正ってやっぱり痛いの?
2018/11/30


今回の京子のつぶやきコラムは「歯列矯正ってやっぱり痛いの?」について。

歯列矯正をしようと考えたとき、実際に矯正治療を受けた友達に話を聞いたり、ネットで体験談を読んだりすると、「痛かった!」って言ってる人も見受けられるよね。痛いのが苦手な人は、それだけで矯正治療をためらってしまうかもしれないわよね。でも、治療中ずっと痛みが続くわけじゃないし、痛みがあるときでもちゃんと対処法があるから、そんなに心配しなくても大丈夫だよ。
矯正治療中の痛みについて説明するね。


矯正治療中の痛みにはどんな種類がある?
歯列矯正治療中に感じる痛みには、主に以下のようなものが多いと言われているよ。

・炎症による痛み
矯正治療は、歯とまわりの骨に弱い圧力をかけて、少しずつ歯を動かしていくんだよ。物理的に力が加わって歯が動くのだから、負荷によって歯の根元と骨の間にある歯根膜という箇所に炎症が起きちゃうことがあるの。この炎症による痛みは歯が動くときに起きるから、矯正器具を着けた直後や、調整した直後に痛みが出やすいよ。でも、この痛みは数日後には徐々に落ち着いていくケースが多いそうよ。

・血行障害による痛み
矯正治療で歯が動くときには、歯の血管や神経にも力が加わるんだ。血管が引っ張られたり神経が押されたりすると、血行が悪くなって痛みを感じることがあるんだって。「肩こり」と同じようなものね。

・矯正器具が当たることによる痛み
矯正器具がほっぺや唇の内側の粘膜、舌などに当たることで、その部分に小さな傷がついたり摩擦で炎症を起こしたりして痛くなる場合もあるよ。これは、いわゆる「口内炎」ができちゃった状態ね。


矯正中に痛みを感じたときの対処法
・痛み止めの薬を飲む
矯正器具を着けた直後や調整した直後は、炎症による痛みが出やすいけど、痛みがすごく強いときは、我慢せずに市販や処方された痛み止めの薬を飲んでも大丈夫よ。でも、痛み止めは、歯の動きを妨げてしまうことがあるそうだから、いつまでも飲み続けるのは避けたいわね。痛みのピークのときだけ、上手に活用してね。

・歯茎をマッサージする
歯ブラシや電動ブラシを使って歯茎と歯の境目あたりを軽くマッサージすると血行が良くなって痛みが和らぐことがあるそうよ。力を込めずに優しくブラシを当てて血行を促してあげてね。

・歯医者さんに相談する
我慢できない強い痛みや、長引く痛みが気になる場合は、直ぐに歯科医に相談しようね。 矯正器具の凹凸をカバーするための装置やワックス、またレーザー照射で炎症を抑える治療など、痛みを抑える処置はいろいろあるそうよ。




矯正治療中に感じる痛みの種類や対処法についてわかったかな? 矯正中は、ある程度の痛みは誰にでも起こるものだけど、担当医がきちんとサポートしてくれるはずだから、必要以上に心配しないでね。


次回の京子のつぶやきコラムは・・・
「【矯正すべき不正咬合①】叢生(そうせい)とは」 について紹介するね。


編集者:佐藤 加奈子
専門学校を卒業してからWebライターとして7年間活動。結婚を機に会社を退職、家事や育児に奔走中。隙間時間でコラムニストとしても活動している。主婦ならではのフラットな目線が人気。

このエントリーをはてなブックマークに追加

京子のおすすめクリニック

おすすめのクリニックを随時更新中!

斉藤歯科医院・矯正歯科

斉藤歯科医院・矯正歯科

茨城県古河市東1−5−12

TEL: 0280-32-0227

 

このクリニックの詳細を見る

矯正治療への流れ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。