>
 >
冷たいものが歯にしみる! 考えられる原因は?

京子のつぶやきコラム

冷たいものが歯にしみる! 考えられる原因は?
2018/07/31


今回の京子のつぶやきコラムは「冷たいものが歯にしみる! 考えられる原因は?」について。

毎日暑い日が続く夏は、ひんやり冷たい食べ物がおいしく感じる季節だよね。アイスクリームやかき氷など、冷たいものを食べているときに「あれ、歯にしみる......、これって虫歯?」なんて気になった人もいるんじゃないかな? そんなときに考えられる原因についてご紹介するよ。


冷たいものが歯にしみるのはなぜ?
私たちの歯は、「歯髄(しずい)」と呼ばれる歯の神経とそれを囲む「象牙質」、さらに表面を覆う「エナメル質」という3層構造になっているの。一番外側にあるエナメル質はとても硬くて、基本的に冷たさや熱さなど外部からの刺激を神経に伝えないんだよ。でも、エナメル質の内側にある象牙質は、象牙細管と呼ばれる小さな穴が開いていて、冷たさなどの刺激が神経に伝わるの。つまり、冷たいものを食べたり飲んだりしたときに「歯にしみる!」と感じたら、そのしみる歯は、なんらかの原因で象牙質が露出している可能性があるよ。つづいて主な原因と症状を見てみようね。


原因による症状の違いは?
・虫歯でしみる場合
虫歯になると、虫歯菌の出す酸でエナメル質が溶けてきてしまうの。エナメル質が溶けて開いた穴が象牙質まで届くと、象牙細管を通じて冷たさなどの刺激が神経に伝わり、しみると感じるてしまうんだよ。虫歯が原因で冷たいものが歯にしみている場合は、冷たいものがその部分に触れると必ずしみるという特徴があるよ。また、しみる感覚は一瞬じゃなくて、継続するみたいだよ。冷たいもの以外にも甘いものがしみたり、歯が黒くなっているような場合も虫歯の可能性があるわね。

・歯周病でしみる場合
歯周病になって症状が進行すると、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて歯ぐき(歯肉)が下がってくることがあるの。そうすると歯の根元の部分(歯根)が露出してしまうんだけど、歯根はもともとエナメル質に覆われていないのね。だから、歯周病の症状が進むことで歯の根元の部分に冷たいものがしみるようになってしまうわ。歯周病が原因で冷たいものが歯にしみている場合は、冷たいものが触れても必ずしみるとは限らないという特徴があるよ。また、しみる感覚は一過性で、長くは続かないみたい。冷たいものがしみる以外に、歯ぐきの腫れや出血、歯のぐらつきなどといった症状がある場合は歯周病の可能性が高いわね。


・知覚過敏でしみる場合
知覚過敏っていうのは、エナメル質がすり減ったり、歯茎が退縮したりして象牙質が露出することで、冷たいものなどが歯にしみやすくなる状態のことだよ。エナメル質がすり減る原因としては、歯ぎしりや食いしばり、歯みがきのときの力の入れすぎなどが考えられるよ。知覚過敏が原因で冷たいものが歯にしみている場合は、口の中の状態にもよるけど、冷たいものが触れるときはだいたいいつもしみるよ。しみる感覚は一過性で持続しないみたい。冷たいものがしみる以外の症状があまりない場合は、知覚過敏が原因かもしれないわ。


冷たいものが歯にしみる原因にもいろいろあることがわかったかな? どの場合も、冷たいものがしみるだけじゃなくて、進行すればいろいろな症状が出てくるよ。冷たいものがしみると感じたときは、症状を悪化させないためにも、なるべく早めに歯医者さんを受診してね。

次回の京子のつぶやきコラムは・・・
「雑菌だらけになってない? 歯ブラシの正しい保管方法」 について紹介するね。


編集者:小山 晶
専門学校卒業後にコスメ販売店のチーフマネージャーとして手腕をふるった後、20~30代女性向けの美容雑誌の編集兼ライターに転身。現在は今までの経歴を活かして、フリーの美容ライターとして活動中。

このエントリーをはてなブックマークに追加

京子のおすすめクリニック

おすすめのクリニックを随時更新中!

さくら矯正歯科

さくら矯正歯科

愛知県名古屋市北区上飯田南町3−89−2

TEL: 052-914-9821

>> ホームページを見る

このクリニックの詳細を見る

矯正治療への流れ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。