>
 >
歯列矯正中に起こりやすい「知覚過敏」の原因と対策法

京子のつぶやきコラム

歯列矯正中に起こりやすい「知覚過敏」の原因と対策法
2017/10/31


今回の京子のつぶやきコラムは「歯列矯正中に起こりやすい「知覚過敏」の原因と対策法」について。

歯列矯正をしていると、冷たいものを食べたときに痛みを感じたりしみたりすることがないかしら? 「むし歯かも!?」と慌てる方もいるけれど、多くの場合は知覚過敏が原因なの。実は、歯列矯正中は知覚過敏がおこりやすいタイミングというのは知っているかしら? なぜ歯列矯正中に知覚過敏になりやすいのか、今回はその原因と対処法をご紹介するね。


歯列矯正中に知覚過敏が起こりやすい理由
歯列矯正中は矯正器具を歯に装着しているためブラッシングがしにくくなるよね。「しっかり磨かないと!」と思うあまり過剰なブラッシングになってしまい、歯の表面部分にあって外部の刺激から守っているエナメル質という層をすり減らしていることがあるの。エナメル質が削られると、歯の内部に刺激が伝わりやすくなって、しみる、痛いなどの症状がでてしまうのね。
また、ワイヤーを使った歯列矯正の場合は、矯正器具装着の直後だとワイヤーの力が歯の一点に加わりやすくエナメル質が傷つきやすいわ。そのため、知覚過敏が発生しやすいの。歯列矯正の状況によっては、歯ぐきに隠れていた歯の根元などの部分が外に露出されるケースもあるわ。それにより、食べ物などがしみやすくなってしまうのね。ただ、歯列矯正が原因の知覚過敏は一時的なものがほとんどで、2~3日で改善されるケースが多いから過剰に心配しなくても大丈夫。でも、2~3日たっても治まらないようであれば、先生に相談してみてね。



歯列矯正中に知覚過敏にならないためには
歯列矯正中に知覚過敏にならないためには、普段のデンタルケアを正しくおこなうことが大切よ。まず、ブラッシングの際は柔らかい歯ブラシを使って毛先が曲がらない程度の力でやさしく磨くようにしてね。ゴシゴシと力を入れて磨いてしまうとエナメル質が傷つきやすくなってしまうわ。力加減が分からない場合は、鏡で確認しながらブラッシングすると良いわね。また、歯磨き粉の適正使用量は思いのほか少量よ。歯ブラシの1/2程度に薄くつけるなど、使用量を守ることも大切ね。
もし、知覚過敏が起きてしまった場合は、知覚過敏用の歯磨き粉を使うこともおすすめ。硝酸カリウムやフッ素が刺激を遮断して、知覚過敏を和らげてくれるそうよ。

知覚過敏になってしまうと、食事のたびにツライ思いをすることになるから大変よね。でも、歯列矯正中のデンタルケアを正しくおこなうことでその症状を軽減することができるかも。歯列矯正中の方は参考にしてみてね。


次回の京子のつぶやきコラムは・・・
「矯正中の歯磨き3つのポイント」 について紹介するね。


編集者:佐藤 加奈子
専門学校を卒業してからWebライターとして7年間活動。結婚を機に会社を退職、家事や育児に奔走中。隙間時間でコラムニストとしても活動している。主婦ならではのフラットな目線が人気。

このエントリーをはてなブックマークに追加

京子のおすすめクリニック

おすすめのクリニックを随時更新中!

さくら矯正歯科

さくら矯正歯科

愛知県名古屋市北区上飯田南町3−89−2

TEL: 052-914-9821

>> ホームページを見る

このクリニックの詳細を見る

矯正治療への流れ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
本サイトではより良いWEB体験をご提供するためにCookieを使用しています。Cookieはブラウザに保存されるファイルで、パーソナライズされたWEB体験を支援するために大部分のサイトで使用されています。本サイトへのアクセス及びご利用にあたっては、パフォーマンスや機能及び広告のために、利用規約Cookieの使用 に同意したものとみなされます。個人情報の取り扱いについて詳しくはこちらをご覧ください。