>
 >
差し歯や虫歯があっても歯列矯正はできるの?

京子のつぶやきコラム

差し歯や虫歯があっても歯列矯正はできるの?
2018/01/15


今回の京子のつぶやきコラムは「差し歯や虫歯があっても歯列矯正はできるの?」について。

歯列矯正を考えている方は、歯並びに何らかの問題を抱えていて、お口の中が虫歯になりやすい状態になっていることが少なくないわ。その多くは実際に虫歯になってしまって、中には差し歯の治療を受けている方もいるはずよね。
今回は、差し歯や虫歯があっても歯列矯正ができるのかどうかご紹介するね。


「差し歯」があっても歯列矯正はできるの?
差し歯がある人でも歯列矯正を受けることは可能よ。歯列矯正では、歯の根っこと顎の骨の間にある歯根膜という部分が歯を動かすための重要な働きをしているの。だから、歯列矯正で大切なことは「歯の根の部分が健康であること」。差し歯の場合、基本的には歯の根はしっかりしている状態だから歯列矯正の治療は受けられるんだけど、外傷などで歯の神経を抜いた差し歯の場合、歯根膜の損傷がないか精密検査する必要があるわ。差し歯があって矯正治療をためらっていた人も、クリニックに相談してみてね。ちなみに残念なんだけど、インプラントで治療した歯は、歯根膜がないため矯正治療で動かすことができないそうよ。

差し歯がある場合の矯正方法
矯正治療は歯にブラケットという矯正器具を接着し、そこにワイヤーを通して、継続的に弱い力をかけることで徐々に歯を動かしていく治療法ね。差し歯に矯正器具を取り付ける場合、素材によっては天然の歯より外れやすくなることがあるわ。例えばセラミック製の差し歯は接着力が弱いことがあるの。その場合、前歯なら差し歯に穴を開けて接着力を高めたり、奥歯なら専用のバンドを取り付けて矯正器具を外れにくくするそうよ。



「虫歯」があっても歯列矯正はできるの?
虫歯治療が済んでいない人は、歯列矯正が受けられないわ。歯に矯正器具を付けた状態で虫歯治療を行うことは困難なので、矯正治療前のチェックで虫歯が見つかった人は、まず虫歯の治療を済ませなければいけないわ。矯正歯科クリニックは歯列矯正を専門で行っていることが多いから、その場合、虫歯がある時は一時的に別の歯科医院で虫歯治療を済ませることになるんだって。

矯正治療中に虫歯になってしまったら?
"虫歯になりやすさ"を数値化して示した「カリエスリスク」という指標があるんだけど、矯正治療中は、そのカリエスリスクが高くなりやすい状態なんだって。矯正器具を取り付けると、歯磨きなどのメンテナンスがすみずみまで行き届きづらくなってカリエスリスクが高まってしまうのね。歯列矯正は時間をかけて行うから、その治療期間中にも虫歯ができてしまうこともあるわ。また、矯正で歯が動いた結果、歯と歯の間に隠れた虫歯が見つかるケースもあるそうよ。
矯正治療中に虫歯になったり、虫歯が見つかったときは、部分的に矯正器具を取り外して矯正治療を中断することになるわ。矯正治療を中断すると一度動いた歯が元に戻ろうとするんだけど、歯の健康を守るためには虫歯治療が最優先よ。虫歯の治療が済んでからまた矯正器具を取り付けて、矯正治療を再開する流れになるわね。

せっかく矯正治療が進んできたのに後戻りするのはイヤよね。だから矯正治療の期間中は、矯正器具と歯の隙間を磨きやすいワンタフトブラシやデンタルフロス、それに洗口液なども使って丁寧なお口のケアを心がけましょう。


次回の京子のつぶやきコラムは・・・
「ホワイトニングなどの美容医療サービスでもクーリングオフが可能に!」 について紹介するね。


編集者:吉岡 まなみ
都内の大学を卒業後、Web制作会社の制作部署に就職。文章からコーディングまで一人でこなせるマルチ派。現在は文章の校閲・編集を担当している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

京子のおすすめクリニック

おすすめのクリニックを随時更新中!

まつばら矯正歯科

まつばら矯正歯科

岐阜県中津川市中津川777−30

TEL: 0573-67-8910

>> ホームページを見る

このクリニックの詳細を見る

矯正治療への流れ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ