>
 >
夏にできるニキビの原因まとめ

京子のつぶやきコラム

夏にできるニキビの原因まとめ
2017/09/25


今回の京子のつぶやきコラムは「夏にできるニキビの原因まとめ」について。

夏になるとニキビに悩まされる女性は多いもの。きちんとスキンケアなどで対策をしているのに治らなくて頭を抱えてしまっている方も少なくないわ。夏のニキビには、夏ならではの原因を知ったうえで適切なスキンケアをすることが大切になってくるの。
今回は、夏にできるニキビの原因とその対策をご紹介するね。


夏のニキビ原因1:紫外線ダメージ
どうして紫外線ダメージでニキビができやすくなるのかというと、紫外線ダメージにより肌のターンオーバーの周期が短くなるためね。紫外線によって肌がダメージを受けると、そのダメージを早く回復させようとして、肌のターンオーバーが短くなるわ。すると細胞が十分に育たない状態で肌の表面にあがってきてしまい、肌のバリア機能が十分に働かなくなってしまうわ。その結果、紫外線などの外的ダメージを受けやすくなるだけなく、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖も防ぎにくくなってしまうというわけ。

夏のニキビに悩まされないためにも、まずは日焼け止めや帽子、日傘、サングラスなどで紫外線対策をしっかりと行うことが大切になるわ。ちょっとの外出でもきちんと日焼け止めを塗ったり、数時間おきに日焼け止めを塗りなおすことを忘れずにね。


夏のニキビ原因2:肌の乾燥
夏は特にエアコンの影響で肌が乾燥しがちよね。直接エアコンの風が当たって肌にダメージとなる以外にも、エアコンを使用することで部屋の空気は乾燥してしまいがちなの。その結果、肌の水分量が低下して肌が乾燥しやすくなるわ。すると、肌がこれ以上水分を逃すまいと角質を厚くするのだけど、それが毛穴詰まりを起こしアクネ菌が繁殖しやすい肌環境を作ってしまうの。

肌を乾燥させないために、まずはエアコンの風を直接受けないようにすることが大切ね。そのうえで、部屋を適度に加湿することも重要よ。加湿器以外にも、コップにお水やお湯を入れて置く、濡れたタオルを干す、観葉植物を置くなどもおすすめよ。


夏のニキビ原因3:汗
夏に汗はつきもの。汗はかくことで体温を調節したり、老廃物を排出するなど私たちにとって欠かせない機能のひとつね。だけど、汗には良い汗と悪い汗があって、普段から運動不足だったりして汗をあまりかかない習慣があるとニキビができやすい悪い汗をかく原因になるわ。べたついている汗や臭いがある汗は蒸発しにくく肌に残ることで、ニキビの原因菌のひとつであるマラセチア菌のエサになってしまうの。マラセチア菌は、顔以外のニキビの原因菌になるといわれているわ。夏になるとおでこや背中などにニキビができやすい方は悪い汗が大きな原因になっているといえるわね。 悪い汗をかかないようにするためには、運動する習慣を取り入れることが大切よ。さらに、汗をかいたらウエットティッシュを使って肌に水分を与えつつも汗を拭きとって清潔な状態を保つようにしてね。



夏のニキビには、夏ならではの原因が潜んでいるの。それをしっかりと見極めることで根本的なケアもしやすくなるわ。 自分のスキンケアには何が足りないのかを知って、今後のケアに取り入れてみてね。


次回の京子のつぶやきコラムは・・・
「噛み合わせで頭痛が? 不調の原因は歯並びにあるかも...」 について紹介するね。


編集者:小山 晶
専門学校卒業後にコスメ販売店のチーフマネージャーとして手腕をふるった後、20~30代女性向けの美容雑誌の編集兼ライターに転身。現在は今までの経歴を活かして、フリーの美容ライターとして活動中。

このエントリーをはてなブックマークに追加

京子のおすすめクリニック

おすすめのクリニックを随時更新中!

ひぐち矯正歯科

ひぐち矯正歯科

福島県福島市置賜町7−6アルプスビル4F

TEL: 024-521-3600

>> ホームページを見る

このクリニックの詳細を見る

矯正治療への流れ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ