>
 >
子どもの歯列矯正はいつから始めるのが良いの?

京子のつぶやきコラム

子どもの歯列矯正はいつから始めるのが良いの?
2017/06/30


今回の京子のつぶやきコラムは「子どもの歯列矯正はいつから始めるのが良いの?」について。

歯並びが悪いと虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、姿勢が悪くなりやすくなるなど骨格の成長に悪影響を与えてしまうこともあるから、中学生以下の時期から歯列矯正を検討する親御さんも少なくないそうよ。でも子どもの歯列矯正はいつ頃始めるのがいいのかしら?
今回は子どもの歯列矯正を始めるタイミングについて紹介するわね。


歯列矯正を行う一般的な時期は?
子どもの歯列矯正を検討するタイミングとしては、早ければ小学校入学前から、一般的なのは中学生位が多いそうよ。それぞれの時期で行われる歯列矯正にはどのような特徴があるのか見ていくわね。

・小学校入学前
この時期はまだ前歯の生え変わりが始まっていないけれど、歯が生え揃う前に一度診察を受けさせる親御さんもいるそうよ。親御さんの強い希望がない限り、上の前歯が生えてくる小学生のころまでは本格的な矯正治療は開始せずに定期観察に留めておくことになるわ。

・小学生
小学校低学年の頃には前歯や、いわゆる6歳臼歯と呼ばれている第一大臼歯などの永久歯も生え始めるので、歯列矯正の計画が組みやすくなってくるの。取り外しのできる矯正器具を中心に使って将来、歯並びが良くなるように口内環境を整える歯列矯正を始めていくケースが一般的よ。

小学校高学年になると、犬歯や小臼歯の生え変わりも始まるからみんなが想像するような本格的な歯列矯正も可能になってくるわ。この時期に歯列矯正を行う場合は、習い事や塾などが忙しくてなかなか希望の日に診察に行けないなんてこともあるわね。生活への影響を抑えるために、歯列矯正の開始時期を考えることが大切よ。

・中学生
中学生の頃には永久歯の歯並びが完成するから、歯列矯正を行っていくことになるわね。場合によっては、出っ張っている歯や並びのバランスが著しく悪い歯に対して抜歯を行うこともあるそうよ。成長期のこの頃は大人よりも歯が動きやすいから、治療する期間が比較的短くなるというメリットがあるみたい。




歯列矯正のタイミングを知るためには?
ここまでで紹介したように、子どもの歯列矯正において一般的に治療を検討し始めるタイミングはいくつかあるけど、あごの成長度合いや不正咬合の種類、永久歯に変わる時期などによって、歯列矯正の治療を始める適切な時期は人それぞれ異なるの。もしお子様の歯並びが気になっているなら、一度診察を受けさせてみてはどうかしら? みんながすぐに矯正治療を始められるわけではないけれど、将来的にもお子様が歯列矯正を受けるべき適切な時期を知ることができると思うわ。


次回の京子のつぶやきコラムは・・・
「歯並びと遺伝って関係するの?」 について紹介するね。


編集者:佐藤 加奈子
専門学校を卒業してからWebライターとして7年間活動。結婚を機に会社を退職、家事や育児に奔走中。隙間時間でコラムニストとしても活動している。主婦ならではのフラットな目線が人気。

このエントリーをはてなブックマークに追加

京子のおすすめクリニック

おすすめのクリニックを随時更新中!

かきうち歯科

かきうち歯科

大阪府大阪市福島区吉野1-10−13NTビル 2F

TEL: 06-6448-4188

>> ホームページを見る

このクリニックの詳細を見る

矯正治療への流れ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ