>
 >
キシリトールガムで虫歯を予防する正しい方法

京子のつぶやきコラム

キシリトールガムで虫歯を予防する正しい方法
2017/06/15


今回の京子のつぶやきコラムは「キシリトールガムで虫歯を予防する正しい方法」について。

キシリトールガムを虫歯予防のために積極的に噛む人も多いわね。キシリトールガムは、正しい選び方、正しい噛み方を意識すると、虫歯予防にとても効果的なのよ。今回はキシリトールガムで得られるメリットを伝えながら、その効果を最大限にするための利用法を紹介するわね。


キシリトールガムで得られるメリットは?
・虫歯になりにくい環境を作ることができる
虫歯菌はブドウ糖やショ糖などの糖類を餌としているの。この糖類を食べることで虫歯菌は酸を出して歯にダメージを与えているのよ。でもキシリトールは虫歯菌に取り込まれることで、虫歯菌の糖代謝を阻害して活動を抑える役割を持っているの。このことから日常的にキシリトールをとっていくことで「虫歯になりにくい環境」を作ることができるのよ。

・唾液の分泌量を増やし、歯の再石灰化を促進させる
ガムを噛むことで唾液の分泌量を増やせるんだけど、これも歯には良い効果があるのよ。唾液には口の中の汚れを守る自浄作用があるだけでなく、唾液に含まれているカルシウムが歯を丈夫に保ってくれているの。虫歯菌の酸は歯の表面を溶かしていくんだけど、唾液の中に入っているカルシウムがそれを修復させていくことで、歯が溶けずに守られているのよ。これを「歯の再石灰化」っていうんだけど、さらにキシリトールは唾液の中のカルシウムと一緒になることで歯の表面を強く硬くする役割も持っているの。丈夫な歯を作りつつ口内を清潔な状態に保つことができるのよ。

このように、キシリトールガムは虫歯菌に対して色々な働きがあるものだってことが分かるわね。それでは、更にキシリトールガムの効果的な使用方法を紹介するわね。


キシリトールガムを噛む効果的なタイミングは?
・食後の30分以内に噛む
食事が終わった30分後までにキシリトールガムを噛むことで、虫歯菌は食事による糖分の代わりにキシリトールを餌として食べてくれるの。キシリトールには虫歯菌の糖代謝を抑える役割を持っているから、虫歯菌が取り込むことによって酸の発生を防ぐことができるのよ。なるべく早めにキシリトールガムを食べるように心がけていきたいわね。

・歯磨きの前に噛む
キシリトールガムを噛むことで粘り気のある歯垢をサラサラにしてくれる効果もあるの。この効果を上手く使って歯磨き前に噛むのがおすすめよ。歯磨きの前にキシリトールガムを噛むことで、歯垢を落としやすくなるの。




効果のあるキシリトールガムを選ぶにはどうすればいいの?
・「キシリトール含有率」を調べる
キシリトールの含有率はガムの効果を表す良い目安になるから、計算式を教えるわね。キシリトール含有率は「キシリトール(g)÷炭水化物(g)×100」で割り出すことができるわ。この数値が「50%」を超えたら合格点ね。

・「糖類が入っていないかどうか」を調べる
もちろん糖類が0gのものじゃないと効果は少ないから要注意よ。市販のキシリトールガムでは糖質が入っているものもあるから、必ず確認しましょうね。

キシリトールガムは正しく噛むことができれば、虫歯の予防につながる素敵なガムだけど、選び方や使い方を間違えると効果も半減だから気をつけましょうね。効果的な噛み方を理解して虫歯予防をしましょう!


次回の京子のつぶやきコラムは・・・
「子どもの歯列矯正はいつから始めるのが良いの?」 について紹介するね。


編集者:小山 晶
専門学校卒業後にコスメ販売店のチーフマネージャーとして手腕をふるった後、20~30代女性向けの美容雑誌の編集兼ライターに転身。現在は今までの経歴を活かして、フリーの美容ライターとして活動中。

このエントリーをはてなブックマークに追加

京子のおすすめクリニック

おすすめのクリニックを随時更新中!

にい矯正歯科クリニック

にい矯正歯科クリニック

三重県桑名市星見ヶ丘8丁目401-3

TEL: 0594-88-5570

>> ホームページを見る

このクリニックの詳細を見る

矯正治療への流れ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ